ユーシーテクノロジ株式会社
報道関係各位
2016年9月29日
ユーシーテクノロジ株式会社
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-3
TEL 03-5437-2323 FAX 03-5437-2297
E-mail: contact@uctec.com
URL: www.uctec.com

オープンなIoTプラットフォーム「IoT-Engine」の開発キットを世界で初めて製品化
「TX03 M367 IoT-Engine Starter Kit」を販売開始

ユーシーテクノロジ株式会社[1](東京都品川区 代表取締役:諸隈 立志)は、トロンフォーラム(東京都品川区、会長 :坂村健・東京大学教授)がオープンなIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のための標準プラットフォームとして標準規格を定め、これに賛同する世界6カ国7社の半導体メーカが推進する「IoT-Engine」[2]の開発キットを世界で初めて製品化します。第一弾の製品は、東芝製のマイコンを使用した「TX03 M367 IoT-Engine Starter Kit」です。価格は198,000円(税別)で、2016年9月30日から販売及び製品出荷を開始します。

このKitには、IoT機器開発のための評価用ボード、ソフトウェアライブラリ、ソフトウェア開発環境、クラウドと接続するための920MHz 6LoWPANボーダルータが含まれます。IoT-Engineには、省電力の920MHzの無線モジュールが搭載されていて、6LoWPAN[3]により無線でボーダルータに接続し、LAN経由でクラウドに接続できます。これにより、各種センサー・アクチュエータを制御するプログラムを用意するだけで、クラウドと連携したIoT機器のアプリケーションを開発することができます。(詳細は別紙参照)

IoT-Engineは、トロンフォーラム会長の坂村健が提唱している「アグリゲート・コンピューティング」(図1)の実現を容易にする、オープンなIoT機器開発のための標準プラットフォームです。トロンフォーラムで標準化を進めているクラウド連携環境「IoT-Aggregator」と接続することにより、異なるメーカのIoT製品がクラウド間の連携機能により、総体的に連動することができるようになります。

ユーシーテクノロジは、今後様々なマイコンメーカのIoT-Engine開発環境や関連した製品を開発・販売していくとともに、IoT-Aggregatorによるサービスやクラウド構築のコンサルティング業務なども提供していきます。

図1. アグリゲート・コンピューティング

IoT-Engineの特長

標準化されたコネクタ

  • 0.4mmピッチ100ピンコネクタ
  • マイコンの違いを吸収できる自由度を持たせた信号ピン割り当て
  • 低コスト・短期開発に有効なArduino互換I/O信号ピン割り当てを持つ

リアルタイムOS(RTOS)「μT-Kernel 2.0」を搭載

低消費電力対応のRTOS「μT-Kernel 2.0」を搭載し、マルチタスクプログラミングによる高度な制御ロジックを容易に実装可能

「IoT-Aggregator」に接続可能

クラウドサービス接続機能を搭載し、トロンフォーラムで標準化を進めているクラウド環境「IoT-Aggregator」に接続可能

トロンフォーラム会長である坂村健(東京大学教授/YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 所長)は次のように述べています。
「IoT-Engineは、アグリゲート・コンピューティングを実現するためにトロンフォーラムで標準規格を定めた、オープンなIoTのための標準プラットフォーム環境です。今回、ユーシーテクノロジ社がIoT-Engineの第一弾として製品を開発・販売したことにより、IoT-Engineが広く普及していくことを期待しています。」

また、今回のStarter Kit のIoT-Engineモジュールを開発した東芝マイクロエレクトロニクス株式会社のミックスシグナルコントローラ統括部 統括部長 玉野井豊氏は次のように述べています。
「ユーシーテクノロジ様による開発環境の開発・販売にあたり、東芝のマイコンを第一弾としてお選び頂き光栄です。今回のIoT-Engineに用いたTX03 M367は多様な通信機能や高速ADコンバータをARMコアと組み合わせたマイコンです。さらにM367は豊富なスタンバイ機能を有し、低消費電力対応RTOS「μT-Kernel2.0」の特長を効果的に引き出します。これからもIoT-Engineをサポートして行きます。」

「TX03 M367 IoT-Engine Starter Kit」の特長

小型・低消費電力を目指したWPAN(IEEE802.15.4) 無線を搭載

  • ARIB-STD-T108準拠920MHz帯(IEEE 802.15.4g)をサポート

開発に必要なハードウェアとソフトウェアをオールインワンパッケージで提供

  • 導入したその日からIoT-Engineを使ったIoT機器の開発が可能
  • Starter Boardには各種センサーやアクチュエータを搭載
  • コンパイラや統合開発環境などのGCC開発環境も付属

UCT μT-Kernel 2.0に加えてクラウドのWeb APIに親和性の高いCoAP、6LoWPANプロトコルを搭載しインターネット(IPv6)と無線PANのシームレスな結合を実現

  • 6LoWPANボーダルータでIoT-Engineをクラウドに直結可能
  • 簡単でわかりやすいAPI(UDP/CoAP)によりクラウド経由で制御可能

価格:198,000円(税別)
発売日:2016年9月30日

TX03 M367 IoT-Engine Starter Kit概要

ハードウェア

  • TX03 M367 IoT-Engine
    • 東芝製マイコン:TX03シリーズ M367(Cortex-M3)搭載
  • RFモジュール
    • 920MHz帯(IEEE 802.15.4g)をサポート
    • ユーシーテクノロジ製6LoWPANプロトコルスタックを搭載
  • IoT-Engine Starter Board
    • Arduino I/F、温度センサー、光センサー、モーションセンサー、ジョイスティック、RCサーボモータI/F、USBシリアル、LED、SWなどを搭載
  • 6LoWPANボーダールータ
    • LANと無線PANを接続(有線LAN版)

ソフトウェア

  • GCC/Eclipse開発環境
    • コンパイラ/Eclipse IDE
    • 開発環境設定ファイル
  • UCT μT-Kernel2.0リアルタイムOS
  • UCT 6LoWPANプロトコルスタックAPIライブラリ
    • 6LoWPAN HCI/UDP/CoAP
    • CoAP Server/Client Sample
  • パケットスニッファツール
  • 周辺I/Oドライバソフト(T-KernelドライバI/F準拠)
    • I2C ドライバ、A/D 変換ドライバ、GPIO ドライバ、環境センサードライバ、LED ドライバ、シリアルドライバ、Arduino I/F ドライバ、アナログジョイスティックドライバ
  • クラウド接続サンプルソフト
  • IoT-Engineでのソフトウェア開発ライセンス付属
    • 3ケ月の無償サポート付き。6ケ月毎で延長可能(有償)

各種マニュアル

オプション

SEGGER製JTAG-ICE 「J-Link」

TX03 M367 IoT-Engine Starter Kit

  1. ユーシーテクノロジについて
    最先端のユビキタス・コンピューティング技術を適用した IoTやM2M分野へのソリューションをご提供致します。組込みシステムからシステム構築、コンテンツ制作まで様々なテクノロジやサービスをご提供致します。
    ホームページ: http://www.uctec.com/
  2. IoT-Engineについて
    IoT-Engineは、坂村健トロンフォーラム会長が提唱する「アグリゲート・コンピューティング」を実現するためにトロンフォーラムで標準規格を定めた、オープンなIoTのための標準プラットフォーム環境です。IoT-Engineの標準規格では、基板上のコネクタとMPUに搭載するオペレーティングシステム(OS)が定められているほか、インターネット上のクラウドサービスに接続する機能を必須要件とします。IoT-Engineに搭載するOSは、トロンフォーラムがオープンソースとして公開している「μT-Kernel」です。IoT-EngineはIoT-Aggregatorと呼ばれるクラウド側のプラットフォームと連携することで、エッジノード同士がクラウドでつながる「アグリゲート・コンピューティング」に基づいた次世代の情報処理システムの構成要素として機能します。このIoT-Engineに参加を表明している半導体メーカは2016年9月現在、東芝マイクロエレクトロニクス、ルネサス エレクトロニクス、Cypress、Imagination Technologies、Nuvoton Technology、NXP Semiconductors、STMicroelectronicsの7社です。
  3. 6LoWPANについて
    6LoWPANとはIPv6 over Low-power Wireless Personal Area Network(IPv6を利用した低消費電力な無線パーソナル・エリア・ネットワーク)の頭字語で、低消費電力な無線モジュールから構成されるネットワーク上で、IPv6を利用するための通信仕様の事を指します。このような無線モジュールから構成されるネットワークでは、本来のIPv6仕様を扱うと通信のオーバーヘッドが大きいことから6LoWPANと呼ばれる通信仕様がIETF(インターネット技術タスクフォース)によって標準化されています。6LoWPAN仕様をWPANに導入することによって、IoTを構築することができます。6LoWPANはIEEE 802.15.4規格の無線通信プロトコルを利用します。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

■ 本件に関するお問合せ先

  • ユーシーテクノロジ株式会社(担当:山田、諸隈)
    TEL: 03-5437-2323
    E-mail: press@uctec.com