μT-Kernel開発キット

UCT μT-Kernel 2.0は、最新のマイコンに最適化した最新のμT-Kernelです。

特長

ロイヤリティ不要で量産可能なプロジェクトライセンス(マイコン型名指定)

ネットワークやファイルシステムなどの各種ミドルウェアを提供

導入メリット

このような方に最適です!!

  • リアルタイムOS を使ってみたい
    • ソフトウェアの開発効率を上げたい
    • 複数の人員で開発したい
    • テストなどの検証をしっかりしたい
    • ドライバソフトなどを標準仕様にしたい
  • 動作確認済みの環境を入手したい
  • マイコンの変更に合わせ最新のμT-Kernelに変更したい
  • 開発環境の初期投資を下げたい
  • 手軽にTCP/IP を使いたい
  • 海外展開を視野に入れ英文仕様書のあるリアルタイムOSにしたい

導入したその日から即開発可能

  • T-EngineフォーラムのWebページからμT-Kernelのリファレンスソースコードをダウンロードしてターゲットのマイコンに移植した場合、機種依存部の開発と調整に通常1ヵ月程度かかりますが、この時間を短縮出来ます。
  • T-Engine標準デバイスドライバ仕様に準拠した各種サンプルソフト(LANドライバやシリアルドライバなど)が付属しています。付属のサンプルドライバを参考にすることで、T-Kernel用の標準デバイスドライバを開発頂けます。
  • μITRONからの移行もスムーズで既存のソフト資産も流用できます。

図

PAGE TOP